読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくにっき。

いつまでもぽや~っとしていたい人

SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2016~Knick Knack~

SUPER JUNIOR

 f:id:sakudiary14:20160612184659j:plain

4月から始まったキュヒョンさんのソロツアー。福岡から始まり、大阪、広島、北海道、横浜、名古屋、そして最後は幕張でその幕を閉じました。私は、横浜2日間、名古屋1日、幕張でのツアー最終日に遊びに行ってきました。

 

5月9日・10日 パシフィコ横浜

私的初日はパシフィコ横浜から。ただでさえ遠いみなとみらいにあるにも関わらず、スタート時間が18時30分という、平日のコンサートはただでさえ厳しいのに、こんなに早い時間にふふふ~ん♪て行けるの、学生か主婦か・・ぐらいの勢いです。でも!そうは言っても私の初日に遅刻していくわけには行かないので(笑)、「すびばせん、1時間早く帰りますっっ!」宣言をし、余裕の18時前にはみなとみらい駅に到着しました。会社の皆さんにはこういった意味ではいつも自由をいただき、感謝しております・・・。

 

涙がとまらない

すでに福岡からスタートしているこのツアー。セットリストは既出でしたが、このセトリも楽しみにしているひとつ。ツイッターで流れてくるセトリは一切、目を通さないようにしていました。ワクワクしながら観たいし、聴きたいんだもーーーん。

彼の歌唱力には常に驚かされ、感動させられます。今回も野生花とwayという曲では涙が止まらなくなるほど、感動してしまいました。彼を好きでよかったなって、心底思うほどに。本当に素晴らしかった。

 

みなとみらいと言ったら!

f:id:sakudiary14:20160612190637j:plain

観覧車と1枚。平日夜のみなとみらいは、見てのとおり、車も人もいない。この街心配になるぐらい。笑 それでもいつだって観覧車は素敵です。暴風雨の日に1回乗ったことがあるだけだけど。お天気の夜に、夜景でも眺めてみたいものですな~。

 

f:id:sakudiary14:20160612190807j:plain

みなとみらいに来たら、必ず寄るのが、クイーンズスクエアにあるアメリカンハウス。こちらのワカモーレを食べずに帰るわけにはいきません。黒ビールとワカモーレは私の定番メニューです。味付けがどこよりもおいしい。

 

5月26日 名古屋国際会議場センチュリーホール

f:id:sakudiary14:20160612191449j:plain

さて、横浜の次は名古屋へ。名古屋はド平日開催ということもあり、「すみませんお休みちょーだいな!」とお願いして、いざ出発。前回の名古屋はKRY TOURでしたね。胃腸炎になった思い出しか残っていません。今回は1泊だし、食べすぎることもないでしょう。

 

f:id:sakudiary14:20160613214344j:plain

 着いてすぐ、向かうは映画館。なぜに・・・そうです。彼は韓国でwebドラマに出演し、ありがたいことに日本では映画館で2週間限定公開されることに。東京ではなかなか時間が合わず、もしやこのまま観れないで終わるかもと思っていましたが、名古屋で時間ができたので、足を運びました!「日韓ほぼ同時公開」っていう「ほぼ」ってなんだよって。しかも公開日はなんと私のお誕生日でありました。キュヒョンさんからのプレゼントかしら(違)

映画の内容は割愛しますが、序盤で「つまらない・・・」となり、中盤で「Zzzzz」となり、終盤で「え?いつのまにこの展開?」(寝てたからだよ)と、2時間強の上映時間がこれまたなかなか忍耐が必要でした。っていうか、途中急激に空腹感を感じちゃって、このあと何食べようかなってことしか考えられなかったという。でもしかし、キュヒョンさん俳優業もこなせちゃうんだね、素敵!という、結果オーライでした。

 

いざ会場へ

映画も見終わり、簡単に食事を済ませ、いざセンチュリーホールへ向かいます。今回なぜ名古屋に遠征したかって、自らとった座席が6列目中央という神席っぷりだったから。観る前から、絶対猛烈近いに違いないと大興奮でしたが、いざ席につくと、やばいな、近いな、キュヒョンさんとこれ目が合うなってまた大興奮。それでも、あと5列分は、私よりも前がいるわけだから、1列目とか一体どんなことになるわけ・・・。

 

f:id:sakudiary14:20160613215319j:plain

会場入るまえに見かけた宣伝トラック。横着して、遠くからズーーームイン!です。

 

f:id:sakudiary14:20160613215358j:plain

反対側の入り口には、巨大なモニュメント。写真では伝わらないけど、本当に巨大。東海銀行が寄贈したと書いてありました。一体何のために・・・。夜はライトアップされて、なかなかの恐怖でした。馬に乗ってる人誰だったっけかな・・・。

 

奇跡がおこる・・・生きててよかった

さて、いざコンサートが始まると、もうちかいちかい。キュヒョンさんすぐそこ。手が届きそう(届かないけどね)。こんな席、買わない限りもう二度とないでしょう。最初で最後かもしれない。と思ってたら、アンコール後「ふたりで」という曲で、彼は会場内を歩き回るんだけど、なんと、最後ステージにあがる道は、わたしの真横。(あ、わたくし通路側でした)え、キュヒョンさんこっちくるわけ?真横来るわけ?その距離たぶん30cmもないね?えーーーーーってやってる間に、すぐそこにキュヒョンさんが迫ってまいりました。生きている間にキュヒョンさんに触れることはまずないだろうと思ってたけど、こんな機会もう二度とないんだから!と思って、そっとそっと手を差し出してみました。もちろんまわりのお客さんもドーーーっと押し寄せ、キュヒョンさんにべたべたと触っております。(ケガでもしたらどうしてくれんのよっ!)と見ていましたが、わたしは彼がケガしないように、もちもちのお肌を、おててを傷つけないように(笑)、それはそっとそっと手を差し出したんですよ。そしたら、キュヒョンさん手を重ねてくれました!!!!!!!そのうえ、わたしは何を思ったか、瞬時に指を絡めるという大技を繰り広げます。そしたらそしたら、キュヒョンさんも絡め返してくれました!!!!!!えーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(?_?) ってやってるうちにあっという間にキュヒョンさんは通り過ぎ、気付けばステージ上に。

いま、わたしはキュヒョンさんと指を絡めたんですよねえ?夢じゃないですよねえ?でも肝心なお顔を見るのすっかり失念。神経すべてが手にいってました。笑 ハイタッチだって贅沢なのに、指を絡めたなんて!!信じられない。今でもあの手の指の感触を覚えています・・・。ちなみに姉は「ひじのあたり触った!」と大変喜んでおりました(笑)。「手ぐらい握らせてあげて」って思ってたよ。って友達に言われて、どひゃーーっと笑ったけど、そんなことは贅沢すぎて、もう二度とないかもしれないこの思い出を大切にして生きていく所存です。

 

名古屋にきたらマリオット

f:id:sakudiary14:20160613220921j:plain

さて、翌日。昨日の夢のような出来事を胸に抱え、お腹ぐぅぐぅ言わせ、向かうは名古屋マリオットアソシアホテルの15階にある「パーゴラ」の朝食ビュッフェ。

 

f:id:sakudiary14:20160613221205j:plain

いつきても素敵な空間。そして、ビュッフェ内容の充実さったらもう!ごはんもパンもきしめん小倉トーストもぜんぶ食べたい!!

 

f:id:sakudiary14:20160613221252j:plain

が、しかし。私の定番No.1はこちらの「中華粥」です。優しく炊かれたおかゆに、シンプルなザーサイをトッピング。そこに数滴のナンプラーを垂らすと・・・魅惑の世界へようこそ。ナンプラー垂らすって誰が考えたんでしょうかね。天才、ジーニアス!パンも食べたいけど、やっぱりお粥食べたい。を繰り返し、結局5回もおかわりしました。その間に小倉トーストも2回はさみました。笑 パーゴラのビュッフェに行きたいがために、無駄に名古屋を訪れたい今日この頃です。

 

6月5日 幕張メッセイベントホール ツアー最終日

幕張メッセって異常に遠いですよね。そんな感想から始まる、ツアー最終日です。特に写真はないのです。彼らしいなと思うのは、他のメンバーのように寂しくて泣いたり、弱音を吐いたり、悲しい顔をしないところ。全国でツアーをやってきて、日々日本語が上達して、きっとツアー各地でたくさんの思い出ができたのは、ファンだけではないでしょう。彼自身がこのツアーを通してまたひとつ成長し、自信を身に着けたはず。そしてこのツアーには世界各地からもファンが観にきていました。そんな海外ファンに対しても「海外から来てくれたファンのみんなは日本語がまったくわからないだろうから、日本のみなさん、彼らには優しく接してあげてください」との言葉が添えられました。きっとこれを日本語で話す彼の言葉を、その海外ファンたちは理解できなかったかもしれないけど、でもそんな優しさがみんなを虜にするんだろうな。4公演しか行けなかったけど、4回とも初めて観るかのように楽しませてくれたし、わたし毎回泣いてましたね。笑 

 

というわけで次回キュヒョンさんに会うのは、韓国でのミュージカルです。キュヒョンさんが演じるモーツァルト。今からとても楽しみです。

 

f:id:sakudiary14:20160613223231j:plain

大好きな人、またね。